包茎手術の料金相場はどれくらい?健康保険は適用されるの?

包茎手術の料金相場はどれくらい?健康保険は適用されるの?

包茎手術の一般的な料金相場

包茎手術は、基本的に保険のきかない自由診療扱いで受けることが多いので、その場合の料金は各クリニックによってまちまちです。
自由診療は、治療方法や料金などをそれぞれのクリニックが自由に決めることができるので、治療費に大きな差が出てきます。
といっても、包茎手術のだいたいの相場というものは存在します。
だいたい15~20万円前後ほどが包茎手術の一般的な相場になるでしょう。
このくらいの料金で、手術はもちろんカウンセリングやアフターサービス、痛み止めのお薬代なども全部まかなうことができるのが普通です。
先述のように、包茎手術の料金はクリニックによってかなり違いがありますから、この相場よりも安いところもありますし、高いところもあります。
ただ、あまりにも相場とかけ離れている場合は注意が必要です。
例えば5万円くらいの料金で受けられる包茎手術もありますが、簡易な方法での手術であることが多く、手術の仕上がり具合に不安が残ります。

包茎手術で保険は使えるのか

包茎手術でも保険が使える場合はあります。
それは真性包茎などの場合です。
仮性包茎の場合は、残念ながら保険適用の手術はできません。
真性包茎というのは、勃起時・非勃起時に関わらず常に包皮が亀頭を被っている状態の包茎で、これは性交などに重大な支障をきたしますし、患部に痛みや炎症が出る事も多く、生活に不都合が出るため病気であるという扱いになります。
そのため保険適用での包茎手術が可能です。
仮性包茎の場合は、勃起時には亀頭が問題なく露出されるため、性交時にもたいして支障はなく、普段の生活でもほぼ不都合はありません。
だから仮性包茎の包茎手術は、病気の治療ではなく単なる美容整形のような扱いになるので、保険は適用されないということになります。
このように、真性包茎ならば保険は使えるのですが、実は真性包茎の包茎手術でも、自由診療で治療する人が少なくありません。
保険適用の手術は、簡易な方法による手術しか選択できないので、仕上がり具合が綺麗にならないことがあるからです。

まとめ

包茎手術の一般的な料金相場は、だいたい15~20万円前後くらいになります。
クリニックによって、これよりも安いところもあれば、高いところもありますが、あまりにも相場からかけ離れている料金設定のところは、何か裏がある可能性が高いので避けた方が無難でしょう。
ちなみに、包茎手術は基本的に自由診療で受けることが多いですが、真性包茎・カントン包茎などの一部の包茎では、保険を使った包茎手術を受けることも不可能ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Previous post 包茎手術の料金は包茎の種類によって異なる
Next post 格安の包茎手術は大丈夫なの?