包茎手術の料金は包茎の種類によって異なる

包茎手術の料金は包茎の種類によって異なる

包茎手術の料金相場はどれくらい?

包茎手術を検討している男性の多くは、どれくらいの費用がかかるのか気になっているかと思いますが、包茎手術の料金は包茎の種類によって異なります。
一口に包茎と言っても、その種類は大きく仮性・真性・カントンの3種類に分けられますが、これら3種類の中で最も軽度である仮性包茎の場合、50,000円〜200,000円ほどが大まかな目安です。
残りの2種類については仮性包茎よりも費用が高めで、真性包茎の場合は150,000円〜250,000円ほど、カントン包茎の場合は150,000円〜200,000円ほどが相場となっています。

ただし、包茎手術の料金は病院や術式によっても大きく異なります。
そのため、包茎手術を検討する際は複数の病院を受診し、カウンセリングで費用や術式について十分に確認することが大切です。
複数の病院を受診すれば料金を比較できるだけでなく、経験豊富な医師に出会える可能性が高まるでしょう。

包茎手術に健康保険は適用できる?

包茎手術を検討している方の中には、健康保険適用で手術が受けられるのか疑問に感じている方も多いかと思いますが、仮性包茎は医学的に病気とは見なされていないため、仮性包茎の包茎手術に健康保険は使えません。
一方で、真性包茎と一部のカントン包茎の場合は保険適用で手術を受けることが可能です。
健康保険を使って手術を受ければ費用負担は大幅に軽減されますが、多くのケースで10,000円~30,000円程度で手術が受けられます。

ただし、保険適用での包茎手術に対応しているのは基本的に泌尿器科のみとなっているので注意が必要です。
泌尿器科での包茎手術は包茎専門のクリニックとは異なり、術後の見た目を重視していません。
泌尿器科で手術を受けると、所謂ツートンカラーの状態になったり傷跡が残ったりするため、保険適用で手術が受けたい方は泌尿器科がおすすめですが、術後の見た目を気にするのであれば包茎専門のクリニックを選択すると良いでしょう。

まとめ

包茎は大きく仮性・真性・カントンの3種類に分けられますが、包茎手術にかかる料金は包茎の種類によって異なります。
ただし、包茎手術の料金は病院や術式によっても変わるので、包茎手術で後悔しないためには複数の病院を受診して比較検討することが大切です。

また、真性包茎とカントン包茎については保険適用で手術が受けられますが、保険適用で手術が受けられるのは基本的に泌尿器科のみとなっています。
泌尿器科で包茎手術は術後の見た目を重視していないため、基本的には包茎専門のクリニックを選択することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Next post 包茎手術の料金相場はどれくらい?健康保険は適用されるの?